ブライダルフォト+ブライダルアルバムのこだわり | ブライダルフォト撮影・ブライダルアルバム作成のフォトフォリー

ブライダルフォト+ブライダルアルバムのこだわり

1.当日撮影するカメラマンと直接きめ細かい打ち合わせ。ご要望をとことんお聞きします!

1.当日撮影するカメラマンと直接きめ細かい打ち合わせ。ご要望をとことんお聞きします!

打ち合わせ風景まずは1回でも事前にお会いし、お打ち合わせをさせて頂いております。実際にお会いすることで、撮影やアルバムデザインのご要望を伺ったり、また、当日の限られた時間の中でいかに最適な撮影に臨むか、という点で様々なご提案をさせて頂いております。

新郎新婦様の想いをかたちにしてあげたい。そのためには撮影においても充分な事前準備が必要だと考えているからです。きちんと準備された撮影と、当日行き当たりばったりの撮影では、残る写真のクオリティが違います。特に時間的な調整、記念に残しておきたいと思うグッズの確認と持参するレンズの選択、撮影シーンによるライティングの構成等々、当日だけの準備では追いつかないものを、必ず事前にお打ち合わせしたいと思っております。

お打ち合わせでお会いするタイミングはさまざまです。挙式1年前の場合もあれば、結婚式直前の場合もございます。また、会場を決定する前のご相談も承ります。会場を決定した後で、ウエディングカメラマンの持ち込みを禁止される例も少なくない中、どの会場でどのような写真が残せるのか、ご相談頂く事も可能です。

2.カット数無制限、カメラマン2名による密着撮影。独創性とクオリティを比べて下さい!

2.カット数無制限、カメラマン2名による密着撮影。独創性とクオリティを比べて下さい!

撮影風景カット数は無制限です。大事な結婚式においてカット数に制限を設けることは好ましくないと考えているからです。通常、お支度から披露宴終了後までで撮影枚数は3,000~4,000枚(イベント数や時間により枚数が変わります)。その中から連写、目つぶりなどのカットを削除し写真を厳選。お手元にお渡しする写真は約1,000~1,500枚です。

また、メインフォトグラファーとセカンドフォトグラファーによるカメラマン2名体制の撮影は、さまざまなアングルやシーンを網羅することができます。例えば、挙式シーンを前方祭壇側と後方入り口側の両アングルから。新郎新婦お控室とゲストお控室の同時間撮影。また、ファーストバイトなどお顔の表情をメインで撮影したものと、ゲストを含めた全体のアングルを同時にお撮りすることができます。また、男性禁止の美容室内でのお支度写真撮影等でも、女性のセカンドフォトグラファーが参りますので、大切なメイクシーン等を撮り逃すこともありません。

撮影当日は、新婦様のお支度時間前からお伺いし、まずは館内視察と会場外観の撮影を致します。お支度のメイクシーン、アクセサリー類やブーケの撮影を行い、お支度後はお二人のポートレートや会場内でのロケーション撮影を致します。ポージングや視線まで細かくアドバイス致しますので、ご安心ください。こと結婚式はお時間に追われてしまうことが多いため、限られたなかで心に残る写真が撮れるように努めております。

当社は結婚式場等との提携を一切致しておりません。その為、当然ながら様々な会場へ出張しております。決まった式場での決まったポーズ撮影というより、初めての会場でも自由度の高いクリエイティブな撮影に臨んでおりますので、型にはまることのない独創的な写真の数々を生み出しております。カメラマンである以上、1枚1枚の写真を作品だと思うこと。そして何より、素敵な写真を撮り続けることで、これから結婚する幸せなお二人の笑顔を頂ける最高の仕事だということを、これからも実感していければと思っております。

3.色と表現のこだわり&高画質のRAW現像。1枚1枚を丁寧に仕上げる職人技!

3.色と表現のこだわり&高画質のRAW現像。1枚1枚を丁寧に仕上げる職人技!

RAW現像一般的にデジタルカメラで撮影するとファイル名の末尾が「 ○○○○.jpg 」となっていますよね。これはJPEGという既に圧縮された形式で、カメラ自体が適切だと思われる色味や明るさやコントラストにオート変換し、それをそのまま圧縮した画像形式です。

しかし、このオート変換された形では、細かい表現に乏しく写真自体の自由度が薄れてしまいがちです。写真は、ほんの少しの色や光の加減で、かなり美しく表現することができます。

さて、それでは写真を美しく仕上げるにはどうしたらよいのか。その鍵はJPEGに対し、RAW形式で撮影することにあります。RAWとは「生」という意味。つまりカメラ自体によって変換をされていない状態のデータということです。RAWで撮影したばかりのデータは、まだ写真になっていない状態です。

当社ではJPEGでの撮影は一切致しません。RAWで撮影した写真を1枚1枚現像していきます。厳選した撮影データの全てを、それぞれの雰囲気で仕上げていくのです。デジタルなので暗室こそ必要ありませんが、手焼きと同じ様な感覚で、きちんと美しい仕上げをしております。仕上げを終えた写真は(RAWのままでは専門ソフトがない限り見ることができませんので)最後にJPEGにし納品致します。

最初からJPEGで撮影したものと比べると、色の再現性が豊かでアルバム制作にも最適です。また解像度400dpi、写真の大きさは4,200X2,800pixel以上で撮影されますので、印刷に於いても十分な解像度があり、「詳細が潰れる」又は「画像全体が荒れる」という心配がございません。もちろん、お近くの写真屋さんでA4に引き延ばして頂いても、問題のないクオリティです。

現像が終わった写真は、更に美しくするために作り込んでいきます。女性が気になるシミ・小じわ・クマ・テカリなどのお肌のトラブルを「美肌修正」にてカバー。「美肌修正」は料金内のサービスです!

4.一人一人違う!完全オリジナルデザイン。その日の感動が蘇るドキュメンタリー編成です。

4.一人一人違う!完全オリジナルデザイン。その日の感動が蘇るドキュメンタリー編成です。

4アルバムお客様が100人いれば、100通りの好みがあってもおかしくないはず。当社では、お客様の好みや雰囲気にあわせ、完全オリジナルにてアルバムを編集しています。パターンに埋め込んで作るアルバムではありませんので、細かなご要望までお伺いすることが可能です。

「おまかせ!」の場合でも、ドレスのラインや色、ブーケ、また、それぞれのお写真の持つ雰囲気等に合わせてカラーコーディネーターがイメージ作りを致しますので安心です!

嫁ぐ日の一日って、本当に笑いあり涙あり。その感動はこうして編集している側にもいつも伝わってきます。一枚一枚の写真データが、その一日の感動全てを吸収している訳ですから、その想いを大切に、そして、その日の感動シーンが引き立つよう、1シーン1ページずつストーリーを追って編集していきます。

お支度の緊張感から披露宴終了後の和やかな雰囲気まで、ドキュメンタリーのように編集しますので、何年経った後でも、またその日に参加できなった方にでも、一日の感動が伝わります! また、こだわりページとして、クローズアップして残しておきたいシーンもお客様によって違うはず… 披露宴等で特にこだわったアイテム等も特集できます!

尚、会場規制の都合により当社が撮影できない場合でも、会場カメラマンが撮影した挙式データなどをお送り頂ければ、1冊のアルバム内に一緒に収納することも可能です。その場合も追加料金は発生致しません。

お問い合わせ・お申し込み
Page Top
|フォトフォリー
Fotofolly|Menu